通信講座の中には、公務員を受験する社会人のために開講されているものも存在します。社会人向け公務員講座の申込みをするにあたっては、メルアドの登録が必要な場合が多くあります。自分のアドレスを持っていない場合、申込みをする前にアドレスを取得する手間暇が掛かることとなります。このような場面を想定して、時間やエネルギーの余裕がある時に、メルアドを取得しておくのも良い方法です。また、アドレスの登録をせず、申込みの手続きを行なう方法もあります。

そのようにして、申込み手続きが終わったら、次に、料金を支払うこととなります。支払いの方法は、業者によって違っている場合があります。そして、支払い手続きが完了した後は、教材などが届き、受講を始めるという流れになります。予備校へ通うのと比較して、通信講座を利用する場合、学習する上での時間的・場所的な自由度が高くなるというアドバンテージがあります。また、公務員試験の受験資格は、一度社会に出た人も、得ることができます。そして、公務員試験の受験資格として、年齢制限が設けられてはいますが、そのハードルが低く設定されている試験もあります。

このカテゴリーでは、社会人を対象とした通信講座を受講して、公務員試験の受験準備を進める方法について、詳しく解説してまいります。これから公務員試験を受けるための準備を始めようと考えている方は、チェックして、実際に役立ててみて頂ければ幸いです。