社会人を対象とした公務員試験対策講座の申込み手続きに、メールアドレスの登録が必要となる場合、既にアドレスがある人は、それを使用することが可能ですが、無い場合には、取得してから申込み手続きを行なう必要性が生じて来ます。したがって、アドレスを持っていない人が、申込みの手続きに掛かる時間やエネルギーを節約するためには、手間暇の余裕がある時を見計らって、アドレスを取得しておくと良いでしょう。また、受講の申込みをするためだけにメールアドレスを取得するのは面倒だという場合、アドレスの登録が必要無い他の方法で申込み手続きを行なうことが可能です。例えば、ハガキやファクシミリなどによる受講の申込みが可能な講座も数多くあります。なお、業者の中にはハガキやFAXで申し込む場合、事前に資料請求を行なう必要があるところも存在します。

こうして申込みの手続きを完了した後は、料金を支払うステップへと進みます。料金の支払い方法は、業者によって異なる場合があるので、前もってチェックしておく必要があります。このようにして、社会人対象の公務員試験対策講座の申込み手続きまで完了すれば、後は、教材などが届くのを待って、受講をスタートすることとなります。