料金の決済方法には、銀行振込みやコンビニエンスストア・郵便局での支払い、クレジットカード決済などが存在し、業者によって異なる場合があります。したがって、支払いを行なう前に、相手方の業者が対応している決済手段を確認し、所定の方法で手続きをする必要があります。こうして、支払い手続きが完了したら、後は教材などが届けられ、受講を開始することとなります。

社会人向けの公務員試験対策の通信講座を受講すれば、学校卒業後、いったん民間企業などに就職してから、公務員になりたいと考える人も、無理なく受験の準備を進めることが可能です。通信講座を利用する場合、予備校へ通うのとは違って、学習する時間や場所の制約を受けないというメリットがあります。したがって、休日や朝・夜、自宅から勤め先企業への往復をする途中、職場の昼休みなど、空いた時間を利用して、自宅や外出先、勤め先など、さまざまな場所で公務員試験対策の準備を進めることができるという訳です。

また、公務員試験は、いったん社会に出てからでも受験資格を得ることが可能で、年齢制限はあるものの、その基準が緩やかに設定されている試験も存在します。それらの事情を考慮に入れると、公務員になりたいという夢を実現する可能性も大きくなるでしょう。